思考の変化

未分類

私は二浪して地元の公立大学に入学しました。
もともとあまり勉強は得意な方ではなく、ちゃんと勉強をしてこなかったのでその報いを受ける事になってしまいました。
楽天的な性格なので、将来に対する明確なビジョンは持っておらず、たぶん役に立つだろうという軽い気持ちで経営と情報の両方を学べる学部を選択しました。

自分が就活をしていた頃はちょうど就職氷河期と言われる時期で、現在のような売り手市場ではありませんでした。なんとか物流系の会社に就職する事ができ、とりあえず仕事が決まったことに安堵した事を覚えています。

ただ今振り返ってみると色々な事に挑戦したりすることに年齢は関係ありませんが、時間は有限でとても貴重だなぁと感じます。なのでなるべく若いうちから、自分と向きあって自立し、自分の人生に責任を持っていくことが大事だと思います。
ただ、恥ずかしながら自分が、時間が有限で貴重であると、本当に感じ始めたのはつい最近のことでした。自分がそのように変化したのには、仕事に対する考え方の変化、人生における今後の展望を考えるようになったからでした。

漠然と生きる事への後悔と恐怖

ただ漠然と仕事と家の往復で終わってしまう未来を考えてみてください。
きっとそれは楽な生き方かもしれませんが、なんか虚しい気がします。
人それぞれ考え方は違いますが、せっかくこの世に生を受けたからには楽しく生きたいって自分は思います。

そうは言っても自分もなんとなく生きてきてしまった後悔があります。
結婚もできて今は非常に幸せなのですが、自分がもっと頑張っていれば今の奥さんに苦労を掛けさせることもなかったのかな、と思うことが多々あって心苦しい時があります。

今後奥さんと子供と幸せに暮らしていく為に、自分は今のままでいいのかと自問することがよくあります。人生何が起こるか分かりません、その見えない恐怖に打ち勝つには頑張る=結果を出すことが大事だと思います。
今の私の結果を測る指標は稼ぐことです。卑しいかもしれませんが、お金を得るというのは人生における大事な事の1つだと考えます。

頑張っても給料が変わらないから手を抜く人達

会社には別に頑張っても給料は変わらないからと平気で言う人がいます(実体験です・・)。
確かにその考え方も一理あると思います。なぜなら自分もそう考えていた時期があったからです。
けれどその考え方は改めるようにしました。なぜならその思考が私生活にも影響をもたらし、何一つ良いことがないからです。
頑張らなくてもいいとは思いますが、結果的に得られるものがほとんどありません。

最近は色々と仕事が立て込んでいて、忙しい日々を送っているのですが苦にならなくなってきました。仕事を通じて学びを得ることができ、自分の能力向上を自覚できたからだと思います。
頑張らなくてもいいや、ということで学びの機会を逃してしまうのは非常にもったいないと思います。 未だに分からないこともありますし、初めてやることもありますが、挑戦して軌道修正していけばいいんです。そうやって培った自分の能力はお金では決して買えない、貴重な財産になっていくはずです。

今後の展望

今の会社にあと何年いるかは正直分かりません。けれど会社に依存しない生き方をするのが今後の目標です。
おそらく日本の未来は残念ながら明るいとは言い切れないと思います。
いつでも日本を出れるように準備をしておかないと、いずれ痛い目をみるような気がしてなりません。
今の自分はやりたいことが多すぎて正直時間がない状態です・・笑
手広くやりすぎて結果時間切れ!とならないようにそろそろ選択と集中ってところを考えないといけないのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました